So-net無料ブログ作成
検索選択

スポンサードリンク

少女を全裸にして所持品検査 相模原の児相 [事件]

相模原市児童相談所
神奈川相模原市の児童相談所が、施設で保護していた少女8人を全裸にして所持品検査を行っていたとして謝罪しました。
今年8月、「相模原市児童相談所」で、職員への要望などを記入する用紙が1枚なくなりました。
相模原市の児童相談所
 児相では、子どもたちが互いに個人情報をやり取りしないよう、用紙を厳重に管理していて、「子どもが隠している可能性がある」として、女性職員2人が保護されていた8歳から15歳の少女ら8人を呼び出し、全裸になって所持品検査に応じるよう求めました。

 少女らは、事前に全裸になることを知らされていませんでしたが、下着を自ら脱ぐよう求められ、全裸になったということです。少女の1人が後日、「嫌な思いをした」などと別の職員に訴え、問題が発覚しました。

 市は、問題が明るみにでた14日まで発表をしておらず、女性職員2人の処分は今のところ行わない方針です。
相模原市の児童相談所
相模原市・佐藤暁こども育成部長「心からおわびを申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」

また7歳から15歳の少年9人についても、男性職員が下着姿にして所持品検査を行った。

----------------------------------------------------------------------------------------
・無くした紙とは、ナンなのか?

・少女は全裸で 少年は下着姿?
タグ:事件
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。